きょうの動意株

駐車場綜研が続伸、営業活動奏功で通期収益を上方修正

 東証マザーズの駐車場綜合研究所(3251)が続伸。一時は前日比28円(10.5%)高の294円まで上昇、その後も高い水準を保ち、マザーズ市場の値上がり率ランキングで10傑入りしている。6日引け後に発表した今2016年3月期通期業績予想の上方修正が材料視された。

 当社は大型施設に設置される駐車場の運営サービスを提供する駐車場管理運営事業を展開。従来の営業利益予想は前期比3.7%増の2億5000万円と連続最高益更新を見込んでいたが、これさらに増額。同19.1%増の2億8700万円へ引き上げた。

 上期(4~9月)に既存の駐車場でリピーター確保のための営業活動に注力したほか、新規に獲得した駐車場でオープン前から積極的な営業展開を進め、早期の顧客囲い込みに成功したことが寄与したという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ