きょうの動意株

大阪工機が急反発、分割と増配で業績下振れ着地吸収

3173 大阪工機 株価チャート
10/24
15:00
時点

1,042

前日比
+6(+0.58%)

年初来高値 1,090.0(17/10/16)
年初来安値 700.0(17/04/17)

 東証2部の大阪工機(3173)が急反発。前引けは前日比157円(10.7%)高の1630円だった。 

 12月31日現在の株主を対象に1株を2株に分割すると9日に発表したのが買い材料になった。最低投資金額が従来の2分の1に低下するため、株式流動性の向上を期待した買いが流入した。年間配当を従来計画の24円から32円50銭(分割調整後)に増額したことも買い材料となった。前期比では9円50銭の増配。 

同時に発表した2016年3月期上期(4~9月)決算では営業利益が前年同期比0.8%増の3億4800万円と従来予想の3億9200万円を下回る水準にとどまった。だが、株価は株式分割と配当増額を評価する格好となった。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 14.31倍 PBR 1.56倍 予想配当利回り 1.82%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

大阪工機 (3173)

ページトップ