きょうの動意株

中外製薬が5日続伸、抗悪性腫瘍剤の製造販売承認を好感

4519 中外製薬 株価チャート
10/19
15:00
時点

5,280

前日比
+90(+1.73%)

年初来高値 5,280.0(2017/10/19)
年初来安値 3,280.0(17/01/31)

  中外製薬(4519)が5日続伸した。前引けは、前週末比85円(1.97%)高の4390円となった。20日に会社側が、抗悪性腫瘍剤「カペシタビン」(販売名「ゼローダ錠300」)が厚生労働省から、「胃癌術後補助化学療法」に対する製造販売承認を取得したと発表し、好感された。 

 「ゼローダ」は旧日本ロシュで創製された薬剤で、1998年に米国、スイス、カナダ、2001年に欧州で承認され、これまでの承認国は100カ国以上に上る。国内では、03年6月に発売を開始して以降、様々な効能・効果、用法・用量が承認されてきた。野村証券では20日付で、新規「バイ(買い)」、目標株価5600円を掲げるなど前向きに評価する動きとなっている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 47.65倍 PBR 4.47倍 予想配当利回り 1.10%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

中外薬 (4519)

ページトップ