きょうの動意株

有機EL関連買い・液晶関連売り、アップルの有機EL採用で

4112 保土谷化学工業 株価チャート
11/17
15:00
時点

6,650

前日比
-30(-0.45%)

年初来高値 8,780.0(17/09/19)
年初来安値 2,692.0(17/01/04)

 有機EL関連株と液晶関連株の明暗が分かれた。米アップルが「iPhone」に有機ELパネルを採用すると一部で伝えられたことが材料となり、有機EL関連株が買われ、液晶関連株が売られる展開となっている。

 有機EL向けの発光剤を手掛ける保土谷化学工業(4112)が10時55分現在、値幅制限いっぱいの前日比50円(27.12%)高の231円ストップ買い気配となっているほか、製造装置のブイ・テクノロジー(7717)が東証1部の値上がり率2位、アルバック(6728)が同15位とそろって東証1部の値上がり率上位に浮上した。

 反面、液晶関連株のミネベア(6479)が東証1部の下落率トップとなり、ジャパンディスプレイ(6740)が同2位と売られている。有機ELはバックライトが不要であるため、主要サプライヤーとみられるミネベアに収益悪化懸念が台頭し、売り優勢の展開となった。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 25.43倍 PBR 1.65倍 予想配当利回り 0.75%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

保土谷化 (4112)

ページトップ