きょうの動意株

あすか製薬が大幅続伸、肝性脳症治療薬や不妊治療薬が材料に

4514 あすか製薬 株価チャート
11/17
15:00
時点

1,948

前日比
-27(-1.37%)

年初来高値 2,264.0(17/11/06)
年初来安値 1,467.0(17/04/03)

 あすか製薬(4514)が大幅続伸し、一時、8月3日以来の1600円台に乗せる場面があった。14時34分、前日比125円(8.7%)高の1567円と東証1部の値上がり率2位となっている。肝性脳症治療薬として来月申請予定の「リファキシミン」が適応拡大に向けた臨床試験を2016年度にも始めると26日に一部で伝えられたことが、引き続き買い材料となっている。

 また、不妊治療薬「プロゲステロン」の製造に参入する計画であることから、安倍政権の「1億総活躍社会」政策中の「希望出生率1.8の実現」に向けた不妊治療支援策の拡充の恩恵を享受するとの見方が強まっている。

 26日には、業績悪化から急落しあいたマド(11月4日安値1426円~11月5日高値1253円)を一気に埋めきった流れを今日も引き継いでおり、日足でミニゴールデンクロスを示現した。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 32.20倍 PBR 1.38倍 予想配当利回り 0.72%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

あすか製薬 (4514)

ページトップ