コーセルの今16年5月期は一転営業減益、一部製品の不具合発生など響く

堀越 憲二
2015年12月01日

スイッチング電源の標準品で国内2位、世界でも7位の大手、コーセルの今2016年5月期は、上期(15年6~11月)の営業利益が一転減益になる見込みだ。内外の需要が想定ほど伸びてこないうえ、一部製品に不具合があり、無償交換・補償費用などが発生するためだ。会社が12月1日発表した。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

コーセル (6905)

ページトップ