外国人が買った大逆転期待のジャスダック銘柄はコレ!

毎年12、1月はジャスダックが強い!

藤本 誠之
毎年12月と1月はジャスダック市場が強い。では今年、外国人投資家が買ったジャスダック銘柄は何か(イメージ写真は著名投資家のジム・ロジャーズ氏、2015年1月今井康一撮影)

 まいど、相場の福の神こと藤本です。株式相場で勝つには、「半歩先読み」が重要です。

 さて、過去のデータによると、毎年12月と新年1月はジャスダック市場が強いようです。過去26年間のジャスダック平均株価の騰落率を調べたところ、12月が16勝10敗(勝率61.5%)、1月が17勝9敗(勝率65.3%)と非常に勝率の高い時期となっています。

 今回はそんなジャスダック銘柄の中から、直近に外国人投資家が買った比率の高い6銘柄を「外国人が買った掉尾の一振期待銘柄」としてご紹介しましょう。

 スクリーニング条件は以下の三つです。

1:東証ジャスダック上場銘柄であること
2:外国人保有変化(最新ー前回調査)が5%以上増加していること
3:株価が200円以上であること

この条件で抽出されたのは次の6銘柄でした。

ジェーシー・コムサ(2876、ジャスダック)

 東京都渋谷区恵比寿南に本社のある冷凍・冷蔵のピザメーカーです。宅配チェーンのドミノピザと提携して同社向けに生産しているほか、居酒屋「一番どり」などの外食部門も展開しています。

■株式データ
株価 374円
単元株数 100株
予想PER(連) 9.47倍
実績PBR(連) 0.88倍
予想配当利回り 2.67%
時価総額 約33億円

ページトップ