きょうの動意株

キョーリンHDが急反発、米製薬大手とのライセンス契約を好感

4569 キョーリン製薬ホールディングス 株価チャート
12/11
時点

2,122

前日比
---(---%)

年初来高値 2,700.0(17/01/10)
年初来安値 2,057.0(17/11/24)

 キョーリン製薬ホールディングス(4569)が急反発した。10時34分、前日比279円(12.51%)高の2509円と東証1部の値上がり率トップに浮上した。 

 9日に傘下の杏林製薬と米ブリストル・マイヤーズスクイブ社が、創薬プログラムに関するライセンス契約を締結したと発表し、買い材料視された。杏林製薬がブリストルに対して、同プログラムに関する全世界での開発権と製造権、販売権など独占的な権利を付与し、3500万ドル(約43億円)の契約一時金や、開発の進展に応じて最大3億7000万ドル(約454億円)のマイルストンなどを受け取る。このため中・長期的な収益拡大期待が強まった。 

 株価は26週移動平均線で下げ止まり反発した格好となった。週足では足元の軟調を示すデッドクロスとなっているが、13週移動平均線が上向きに転じ、26週線に接近しており、ゴールデンクロス示現の可能性が出てきている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 20.38倍 PBR 0.99倍 予想配当利回り 2.73%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※12/11 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

キョーリン (4569)

ページトップ