きょうの動意株

TASAKIが7日ぶり反発、前期最高純益更新を好感

 TASAKI(7968)が7営業日ぶり反発。午前9時40分時点では前日比108円(6.5%)高の1763円付近まで買われている。今期の純利益が上場来最高となったもようで、これが刺激材料になっている面が大きい。75日移動平均線(1766円)に肉薄する動き。

 前日の取引後、前2015年10月期通期業績予想を修正。営業利益は従来予想比4.5%減の24.4億円(前期実績14.55億円)、純利益は同36.9%増の33.4億円(同11.51億円)へそれぞれ引き上げた。海外での新規出店の遅れなどで営業利益については減額修正したが、繰延税金資産を計上することで純利益は上場来最高になったとみられる。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ