きょうの動意株

証券株が業種別下落率トップ、株価波乱で投資意欲減退を警戒

8601 大和証券グループ本社 株価チャート
10/19
15:00
時点

670.8

前日比
+3.7(+0.55%)

年初来高値 762.2(17/03/17)
年初来安値 593.7(17/09/08)

 証券株が軒並み安で推移している。前場には、野村ホールディングス(8604)は前週末比31円(4.3%)安の683.0円、大和証券グループ本社(8601)は同23.1円(3.0%)安の741.4円まで下げ、ともに反落している。後場に入ってからも、業種別指数では証券・商品先物業が鉱業と、全33業種の中で下落率1、2位を争っている。

 日経平均株価は一時は620円近くも下落し、10月22日以来の安値水準をつけており、原油先物安による世界的な景気減速懸念の台頭や、それに伴う投資資金のリスク許容度低下を懸念した動きとなっている。

 証券株に対しては、投資家のリスク許容度の低下、投資意欲の減退による売買手数料収入の減少、投資信託の運用成績悪化などが懸念されている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 12.26倍 PBR 0.90倍 予想配当利回り 3.58%
市場 東証一部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

大和証G (8601)

ページトップ