アークンは公開価格を3.6倍上回る4925円で初値、終値は5630円

山本 直樹

 東証マザーズ市場に新規上場したアークン(3927)は21日、公開価格1360円を3.6倍上回る4925円で初値を付けた。上場初日の18日は買い気配のまま取引を終了。21日も買い気配で始まり午前10時53分に初値を付けた。終値はこの日の高値となる5630円だった。

 アークンは情報セキュリティ製品の開発・販売を手掛ける。2001年にITセキュリティ対策に特化したサービス、ソリューションの提供を目的に設立した。コンピュータウイルスなど外部からの攻撃や内部関係者による不正アクセス、情報漏洩防止に向けた製品、サービスを提供。主要製品はアンチマルウエアおよびクライアント版PC業務管理製品、PC業務管理サーバー、Web・データベースセキュリティ製品、保守サービス。

 16年3月期は企業の情報セキュリティ対応強化を追い風に主力のアンチマルウエアが好調。PC業務管理製品や保守サービスも伸びる。人員増負担や上場関連費用をこなし増益。調達資金は設備投資や採用費用等に充当。比較銘柄はデジタルアーツ(2326)、セキュアヴェイル(3042)、FFRI(3692)など。
 

ページトップ