きょうの動意株

古河機械金属が続伸、南アルプストンネル関連と思惑先行の展開

5715 古河機械金属 株価チャート
11/22
15:00
時点

2,290

前日比
+6(+0.26%)

年初来高値 2,450.0(17/02/22)
年初来安値 1,840.0(17/09/06)

 古河機械金属(5715)が続伸した。14時15分、前日比6円(2.6%)高の237円で取引されている。

 個別で特に新規の好材料が浮上したわけではないが、チャート的には10月高値297円からの調整が一巡、230円近辺での底固めから反発をうかがう形となっており、テクニカル的に先高期待が台頭している。市場の一部では、リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事がスタートしたことから、同社が高シェアを有するトンネルドリルの需要拡大をハヤす動きもあるようだ。

 前週には同様の切り口から、大日本塗料(4611)が動意づいた経緯があり、短期資金が次の候補として物色の矛先を向けているという観測もある。信用倍率5.82倍と依然、買い残の大幅超過ながらも、足元で整理が進捗しており、需給改善を読む動きもある。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 20.58倍 PBR 1.19倍 予想配当利回り 2.18%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

古河機金 (5715)

ページトップ