米国株式市場は下げ一服、投資家は警戒姿勢維持

ダウは9ドル高の1万7158ドル

ロイター
 1月5日、米国株式市場は前日の下げが一服し、横ばい圏で終わった。ただ値動きは不安定で投資家は警戒姿勢を維持した。ニューヨーク証券取引所で4日撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米国株式市場は前日の下げが一服し、横ばい圏で終わった。ただ値動きは不安定で投資家は警戒姿勢を維持した。バイオ医薬品のギリアド・サイエンシズは1.3%高。B型肝炎治験薬が既に承認された同種の「ビリアード」よりも安全、かつ効果が同等との結果が判明した。

糖尿病薬の市場シェアが第4・四半期に拡大した製薬のイーライ・リリーは1.5%上がった。

太陽光発電モジュール製造のファースト・ソーラーは、ゴールドマン・サックスによる投資判断引き上げを受け、8%上昇した。

アップルは2.5%下落。最新スマートフォン「iPhone(アイフォーン)6S/6Sプラス」の減産見通しが報じられたことが影響した。

年明けの世界的な株安の震源地となった中国では5日、人民銀行(中央銀行)が市場の動揺を抑えるために200億ドルを短期市場に供給した。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ投資ストラテジスト、マーク・ルシーニ氏は「新年初日のかなり大幅な値下がりからは持ち直しつつある」と指摘。それでもマクロ経済や金融政策、地政学などの各方面にはいずれも今後の基本シナリオを脅かしかねない懸念材料が多く、投資家は困惑した状態が続いているとの見方を示した。

騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所が上げ1812で下げ1277(比率は1.42対1)、ナスダックが上げ1473で下げ1342(1.10対1)だった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 17158.66 +9.72 +0.06 17147.50 17195.84 17038.61 <.DJI>

前営業日終値 17148.94

ナスダック総合 4891.43 -11.66 -0.24 4917.84 4926.73 4872.74 <.IXIC>

前営業日終値 4903.09

S&P総合500種 2016.71 +4.05 +0.20 2013.78 2021.94 2004.17 <.SPX>

前営業日終値 2012.66

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます

ページトップ