きょうの動意株

海運株軒並み安、景気停滞リスクでバルチック指数が最低に

9101 日本郵船 株価チャート
12/13
09:58
時点

2,838

前日比
+66(+2.38%)

年初来高値 2,908.0(17/11/09)
年初来安値 1,990.0(17/05/18)

 海運株が軒並み安。日本郵船(9101)は前引けが9円(3.0%)安だったが、12時50分時点では11円安の280円と下げ幅を拡大している。商船三井(9104)、川崎汽船(9107)も軟調推移、飯野海運(9119)は年初来安値を更新した。

 鉄鉱石や石炭を運ぶバラ積み船の市況を示す「バルチック海運指数」が6日、467と指数創設来の最安値を更新した。中国の経済指標悪化、米国の金融引き締めなどで世界的な景気停滞リスクが顕在化する中で、海運市況も悪化。これが東京市場の海運株にも売りを誘っているようだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 43.86倍 PBR 0.92倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

郵船 (9101)

ページトップ