新規上場

【新規上場企業・実力診断】協立情報通信 企業、官公庁向けにITソリューションを提供、ドコモ携帯電話の販売代理店も併営

3670 協立情報通信 株価チャート

【実力診断】中小企業、官公庁向けに情報通信や会計情報システムを中心としたICT・情報活用支援サービスを提供。NTTドコモの代理業務として法人向け携帯電話の販売、東京、埼玉に個人客向けドコモショップも運営。ソリューション事業では最新版を体験可能な「情報創造コミュニティー」を東京・八丁堀に開設、既存客の深耕と新規客の発掘に注力。モバイル事業は一次代理店のティーガイアからの手数料収入が主。配当は期末年1回で安定配当方針。13年2月期は電話交換設備の需要底堅くソリューション事業堅調。モバイル事業も個人向けでスマホ販売好伸。営業増益。調達資金はドコモショップの移転関連費や事業用レンタル資材の購入、人材確保・育成に充当。比較銘柄はティーガイア、ネプロジャパンやITCネットなど。

[上場月日]2月20日[市場]JQS

[本社]〒105ー0013東京都港区浜松町1ー9ー10

電話03ー3434ー3141 http://www.kccnet.co.jp/

[社長]佐々木茂則(78歳)[従業員]ー名[設立]1965年

[業種]情報・通信業(通信サービス)

【株式データ】発行済株式数:120万株 公募株式数:なし

売出株式数:20万株 売買単位:100株 1株純資産:377円

 仮条件価格:1450~1500円

ブックビル期間:2月1日(金)~2月7日(木)

公開価格決定日:2月8日(金)

申込期間:2月12日(火)~2月15日(金)

幹事証券:みずほ

引受証券:三菱UFJモルガン・スタンレー、岡三、SMBCフレンド、いちよし、SBI、マネックス

(百万円)   売上高 経常益 純利益

単10.2     4,244 231 ▲159

単11.2     4,129 82 25

単12.2     4,272 238 105

単13.2予(分) 4,950 360 210

単14.2予    5,400 400 230

注) (分)は株式分割 12年9月1対3

------------------------------------------------

      1株益(円) 1株配(円)

単10.2     ▲430.4 50

単11.2     76.9 100

単12.2     318.4 100

単13.2予(分) 175.0 50

単14.2予    191.7 50

記事中の会社を詳しく見る

協立情報通 (3670)

ページトップ