新規上場

【新規上場企業・実力診断】ANAP 全国SCにレディスカジュアル店を展開、EC比率が高い

3189 ANAP 株価チャート

【実力診断】1992年設立のレディスカジュアル専門店。基幹ブランド「ANAP」を中心に全国に93店舗(13年8月末)を展開。若い女性向けに低価格帯と多品種小ロットでの仕入れが人気で成長。原宿などに旗艦路面店を持つが、イオンモールなどSCが出店立地の大半を占める。同ブランド名でセレクトショップ向けに卸売り販売も。EC比率が約25%と高く、自社サイトのほか他社への出店も進めている。配当方針は未定だが、還元に意欲。2013年8月期はSC軸に出店攻勢、主力小売店が堅調。ECも伸びる。が、円安逆風で仕入れ原価が上昇、営業益は伸び悩む。調達資金は年間10店舗前後の出店と、EC事業の物流投資に充当。今後はキッズ、ベビー向け衣料強化し、5年以内に同分野で売上高50億円目指す。比較銘柄は同じレディスカジュアル専門店のパルやハニーズなど。

[上場月日]11月19日[市場]JQS

[本社]〒150ー0001東京都渋谷区神宮前2ー31ー16

電話03ー5772ー2717 http://www.anap.co.jp/

[社長]家高利康(53歳)[従業員]253名[設立]1992年

[業種]小売業(衣料小売り)

【株式データ】発行済株式数:174万株 公募株式数:32万株

売出株式数:15万株 売買単位:100株 1株純資産:2円

 仮条件価格:960~1000円

ブックビル期間:10月31日(木)~11月7日(木)

公開価格決定日:11月8日(金)

申込期間:11月12日(火)~11月15日(金)

幹事証券:大和

引受証券:三菱UFJモルガン・スタンレー、SMBCフレンド、みずほ、SBI、むさし、エース

(百万円)   売上高 経常益 純利益

単10.8     9,117 ▲221 ▲257

単11.8     8,379 142 ▲61

単12.8     8,414 628 234

単13.8予(分) 8,590 621 261

単14.8予    9,500 370 180

注) (分)は株式分割 13年8月1対500

------------------------------------------------

      1株益(円) 1株配(円)

単10.8     ▲73,888 0

単11.8     ▲35.5 0

単12.8     135.0 0

単13.8予(分) 150.0 0

単14.8予    103.4 0

記事中の会社を詳しく見る

ANAP (3189)

ページトップ