きょうの動意株

商船三井は後場一段高、円安や運賃市況に加え需給妙味の期待も

9104 商船三井 株価チャート

 商船三井(9104)は後場寄り後に367円(28円高)と一段高で戻り高値の更新幅を拡大。日銀の追加緩和による円安傾向に加え、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を300円から350円に引き上げたと伝えられたことを好感する相場になった。ここ、欧州や香港の海運大手による運賃の引き上げが伝えられており、来期の業績回復への期待もある。株価は昨年8月10日以来の350円台回復となり、同証券の目標株価は達成した。ただ、信用売り残が高水準な上、逆日歩が乗る状態のため、売り建て玉を買い戻す動きによっては一段高と、需給妙味を膨らませる向きもあるという。

記事中の会社を詳しく見る

商船三井 (9104)

ページトップ