きょうの動意株

大成建はジリ高、外資系証券の積極評価に日経平均の回復も寄与

1801 大成建設 株価チャート

 大成建設(1801)は後場ジリ高基調となり、13時40分にかけては本日現在高の191円(4円高)。材料としては、バークレイズ・キャピタル証券が新たに注目を開始し、投資判断「1」、目標株価270円でカバーを開始と伝えられたことがある。円高は逆風になるものの、同証券では、建設株の中で利益率の安定感が抜群と評価した模様だ。日経平均も後場は持ち直し、この時間帯は下げ幅が110円台。朝方の170円安からはかなり戻してきたことも買い安心感をもたらしているようだ。5月中旬からは下値モミ合いに転じており、198円を抜けば上げに弾みがつくとの見方が出ている。

記事中の会社を詳しく見る

大成建 (1801)

ページトップ