きょうの動意株

減額のグリー242円安、コンプガチャ問題の安値に接近

3632 グリー 株価チャート

 グリー(3632)は、242円安(17.8%)の1115円と大幅に4営業日続落で、1400円を軸としたもみ合いを下放れしている。前日12日、今6月期業績予想の下方修正を発表。減益幅を広げる見通しを嫌気し、売り優勢の展開となっている。主要な収益源であるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」の有料課金収入は回復傾向にあるものの、国内外向けソーシャルゲームのリリース延期、海外向けソーシャルゲームの一部不振などが響いたほか、開発強化のための積極的な採用、カスタマーサポートやコンプライアンス体制拡充などの費用増加で、売上高は従来予想の1950-2050億円から1600-1700億円(前期比1.1%増-7.4%増)、営業利益は同740-840億円から500-600億円(同39.6%減-27.5%減)に減額した。これを受け、野村證券では12日付で投資判断を「Buy」から「ニュートラル」に格下げ、目標株価も2300円から1500円としたことも処分売りを誘った。コンプガチャ問題で売られた昨年6月4日の昨年来安値1050円で下げ止まるか見極めるところだろう。

記事中の会社を詳しく見る

グリー (3632)

ページトップ