きょうの動意株

東洋紡は実質値上がり率トップ、伝統企業のイメージ一新の期待

3101 東洋紡 株価チャート

 東洋紡(3101)は急伸となり、10時50分にかけては約25%高の184円(38円高)前後で推移。液晶の画質を有機EL並みに向上させる液晶フィルムを慶応大学と開発したと今朝の大手経済紙が伝え、画期的な材料との期待が強まった。値上がり率は、株価ひとケタ銘柄を除くと東証1部のトップ。若い世代の投資家は興味を示さない傾向があるようだが、伝統企業のイメージ一新の期待があるという。第3四半期の決算発表は2月8日の予定。この時間にかけては、朝寄り値を高値に一進一退ながら、報道では4月にも量産とされるため、決算発表での情報開示によっては再び動意を強める期待が出ている。

記事中の会社を詳しく見る

東洋紡 (3101)

ページトップ