きょうの動意株

HC上場のジェイテックは大量の買い物を集め買い気配

2479 ジェイテック 株価チャート

 ジェイテック(2479・HC)が、大証ヘラクレスに新規上場された。公開価格は11万円、公開株式数は4000株となっている。寄り付きから買い気配を切り上げ9時40分現在、公開価格を2万円上回る13万円買い気配で売り買い差し引き1万4420株と公開株式数を大きく上回る買い物を集めている。年初来低調を極めた新規株式公開(IPO)市場も、ようやく銘柄ごとの時流性、テーマ性、業態・業績や上場時の資金吸収額の大小に応じて高い初値評価も出てくるなどボトムアウトの動きを強めており、前日発表の日銀短観で雇用不足感が強まるなど、同社の技術者不足関連の業態とPERが13倍台と割安なことが評価されており、初値も公開価格を2.5倍上回る28万円前後とする強気観測が出ている。同社は、技術者派遣事業を主力とするする人材派遣会社で、技術者を登録型でなく正社員とする特定労働者派遣形態を採ることを特徴としている。また、2004年3月に製造現場への派遣が解禁されたことから一般労働者派遣もスタートさせた。技術者はキヤノン、ソニー、富士写真フィルム、デンソーテクのなどの大手企業に機械設計、電気・電子設計、ソフトウエア開発などの担当として派遣、従業員430人のうち80%がこのエンジニアで占められている。団塊の世代の大量退職で技術者不足はさらに拡大が予想されており、同社では技術者を3000人まで拡大することを中期目標にしている。2006年3月期業績は、売り上げ28億100万円(前々期比23%増)、経常利益1億8100万円(同34%増)、純利益1億2400万円(同2.4倍)、1株利益7968.4円と推定されている。

記事中の会社を詳しく見る

ジェイテク (2479)

ページトップ