きょうの動意株

新規上場のエコミックは買い気配をアップ

3802 エコミック 株価チャート

 エコミック(3802・札ア)が、札幌証券取引所のアンビシャス市場に新規上場される。アンビシャス上場は昨年12月20日のゲームポット(3792・札ア)以来で、公開価格は12万円、公開株式数は800株となっている。寄り付きから買い気配で始まり9時50分現在、公開価格を3万円上回る15万円買い気配で売り買い差し引き1207株と公開株式数の5割強の買い物を集めている。同社の公開価格は、PERが28倍台とやや割高だが、給与計算の受託業務を展開する独自のビジネスモデルに特徴があり、資金吸収額も1億円を割り極端な小型上場で札幌アンビシャス市場上場の希少性も手伝い買い先行となっている。初値も、公開価格を2倍強上回る25万円前後とする観測が平均的となっている。同社は、札幌証券取引所上場のキャリアバンク(4834)の子会社で、顧客企業の社員情報や勤怠情報データに基づく給与計算と付帯したシステム開発・販売業務を行うペイロール事業を主力業務としている。顧客先は、大手介護支援事業のジャパンケア、調剤薬局大手のアインファーマシーズなど昨年9月末で240社にのぼり、サービス業、医療・介護、卸売・小売り業界向けの比率が高い。北海道を本拠とする企業中心で、首都圏強化のために2002年9月に東京カスタマーセンターを開設したほか、エフアンドエムと提携し中小企業向け顧客も開拓している。2006年3月期業績は、売り上げ1億9700万円(前々期比15%増)、経常利益2200万円(同2.3倍)、純利益1100万円(同2.2倍)、1株利益4144.6円と推定されている。

記事中の会社を詳しく見る

エコミック (3802)

ページトップ