きょうの動意株

グローベルスは黒字幅拡大の業績増額テコに値上がり率トップ

3528 プロスペクト 株価チャート

 グローベルス(3528・東2)は、42円高の292円と変わらずを挟み4日続伸となり、2月につけた昨年来高値288円を更新している。東証2部値上がり率ランキングでは、トップに躍り出ている。前日に昨年9月の中間期業績の上方修正に続き、今度は2006年3月通期業績の上方修正を発表、黒字転換幅が拡大したことが割安株買いを刺激している。同社の今期業績は、昨年9月に中間期業績を上方修正、その時点で据え置きとした通期業績を今回増額した。売り上げは期初予想を9億円上回り169億円(前々期比11%増)、経常利益は3億5000万円上乗せの14億5000万円(同12%増)、純利益は3億3000万円上積みの13億3000万円(前々期は73億6700万円の赤字)に引き上げられ、純利益は黒字転換幅を拡大するとともに、10年ぶりに過去最高を大幅に更新する。主力のマンション分譲事業が順調に推移し、同事業の売上総利益が増加したことが上方修正につながった。同社は、大京系の首都圏を地盤とするマンション・デベロッパーで、大京とともに経営再建を進め、昨年8月に減資をして累損損失を一掃、2006年3月期に復配をする。株価は、昨年8月の原資・累損一掃、9月の中間期業績の上方修正などにより200円台下位から285円高値まで80円高している。その後再度下値を試して出直っていたが、高値更新でもPERはなお12倍台と割安であるる。昨年中間期業績増額時並みの株価急伸も有力視される。

記事中の会社を詳しく見る

プロスペク (3528)

ページトップ