きょうの動意株

雑貨屋BLは株式分割を歓迎し買い気配アップ

 雑貨屋ブルドック(3331・JQ)は、寄り付きから買い気配を切り上げ700円高の9230円買い気配と急反発し4月7日につけた上場来高値8830円を一気に更新している。売り物はなく約2万7000株の買い物を集め1000円高のストップ高ペースで推移している。前日に6月30日割り当て(効力発生日7月11日)で1対2の株式分割を発表、分割権利を取る買い物が増勢となっている。同日は同時に2006年2月中間期決算も発表、4月2日の上方修正通りに前年同期比18%増収、2.1倍経常増益、2.1倍純益増益で着地し、期初予想を据え置いた今8月期通期業績に対して高進ちょく率を示したことも再上方修正期待につながっている。2月中間期の大幅増益は、新規出店、閉店とも当初計画を上回り、プライベートブランド商品比率を向上させたことなどが要因になっており、経常利益は通期予想25億円(前期比34%増)に対して73%、純利益は12億2500万円(同37%増)に対して85%の各高進ちょく率となっている。PERは35倍台とまだジャスダック市場平均を下回るだけに、さらに上値を伸ばす可能性が大だ。

ページトップ