きょうの動意株

うかいはTOB価格へ徐々に失望感広がり7日ぶり反落

7621 うかい 株価チャート

 うかい(7621・JQ)は、前場寄り付きの110円高から伸び悩み30円安の1960円と2日間の変わらずを挟み7営業日ぶりの反落となっている。前日に船井財産コンサルタンツ(FZC、8929・M)が無限責任組合員となっている100年ファンド投資事業有限責任組合(東京都新宿区)が、同社株を株式公開買い付け(TOB)すると発表、同社も賛同を表明したが、寄り付き後に上値が重くなったことからTOB価格1700円に対しする失望感が徐々に広がり売り先行となっている。TOBは、FZCの証券化などの財産コンサルティング機能やIRなどのノウハウを活用しうかいの企業価値をさらに向上させること目的としており、4月13日から5月8日までの26日間をTOB期間に172万5000株を買い付け、TOB後の所有株式数は202万5000株(所有比率40.01%)となる。同社の株価は、3月に今2007年3月期経常利益が4.8倍に拡大して過去最高となり、配当も倍増の20円に増配されると伝えられたことから1980円高値まで急騰した。TOB価格は、この高株価を含め過去6カ月間の終値平均を参考に決定されており、時価を200円強も下回るだけに失望感にもつながっている。

記事中の会社を詳しく見る

うかい (7621)

ページトップ