きょうの動意株

アイフルは全店業務停止報道を嫌気売りし売り気配

8515 アイフル 株価チャート

 アイフル(8515)は、寄り付きから売り気配を切り下げ300円安の7900円売り気配と急反落している。売り買い差し引き約190万株の売り物となっている。この日付けの日本経済新聞で、金融庁が同社の全店に業務停止命令を出す方針を固め、14日にも発表すると伝えれたことが嫌気され売り物が殺到している。業務停止命令は、同社が強引な取り立てや契約者から無断で委任状を取っていたことが、貸金業規正法に違反したと判断されたためで、違法行為があった北海道や九州などの5店が20-25日間、その他の全店も3日間となる消費者金融では初めてとなる厳しい措置となるとされた。消費者金融業界では、グレーゾーン金利を巡り契約者から払い過ぎの利息の返還を求める訴訟が相次ぎ、来年の貸金業規正法の見直しに向け金融庁の有識者懇談会で規制強化の方向で議論が続いており、今回の業務停止命令が大きく響く可能性がある。株価は、2月の昨年来安値7200円から1000円超の急反発をしたが、再度下値を試す展開が余儀なくされそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

アイフル (8515)

ページトップ