きょうの動意株

シナネンは増益転換の業績増額を手掛かりに続伸

8132 シナネンホールディングス 株価チャート

 シナネン(8132)は、20円高の693円と続伸し年初来安値水準からの出直り色を濃くしている。前日に2006年3月期の上方修正を発表し、経常利益が減益予想から小幅ながらも増益にプラス転換したことが買い物を呼んでいる。同社は、昨年10月に中間期業績を上方修正したが、今回は通期業績の増額に動いた。売り上げは期初予想を400億円上回り2300億円(前々期比25%増)、経常利益は2億円アップの52億円(同0.2%増)とした。石油、LPガスの安定供給と効率的な販売を進めたことが上方修正につながった。ただ純利益は、関東圏のLPガスの小売・卸事業統合に伴い一部連結子会社に約6億円の特別損失が発生し28億円を23億円(前々期は1900万円の黒字)に下方修正した。株価は、昨年末に厳冬特需思惑で837円まで急伸しほぼ往って来いとなっていた。PBR1倍ソコソコの安値から再度の上値評価が期待される。

記事中の会社を詳しく見る

シナネンH (8132)

ページトップ