きょうの動意株

グラフテックは復配評価の低位値ごろ株買い根強く続伸

 グラフテック(6968)は、5円高の283円と小幅ながら3営業日続伸となっている。2月10日に16年ぶりの復配を発表して以来、下値に低位値ごろ株買いが続いており、5月26日発表予定の今2007年3月期経常利益が在庫処分損の一巡などから黒字転換が予想されているのも業績高変化率買いを刺激している。同社の2006年3月期業績は期中に3回も修正され増額、減額が入り混じった。修正3回目の今年2月は、旧商品処分費用、1月実施の第3者割当増資費用負担などから4000万円の黒字予想が3億6000万円の赤字に引き下げられた。ただ純利益は、保有株式見直しによる有価証券売却益10億円、固定資産売却益3億円が寄与し3億円の黒字幅がさらに9億5000万円(前々期は43億4700万円の赤字)に拡大した。これに加え今期の黒字化も見込めるとして、記念配当を含め3円の復配をした。配当落ちからの50円高の過程で信用買い残が255万株まで拡大しているのが難点だが、需給主体から実態好転先取りへ相場パターンが転換する展開も有力となる。

ページトップ