きょうの動意株

近鉄エクスは業績増額と連続増配を好感し3日ぶり反発

9375 近鉄エクスプレス 株価チャート

 近鉄エクスプレス(9375)は、15円高の2850円と3日ぶりに反発している。前日に2006年3月期単独業績の上方修正と期末配当の増配を発表して好感されており、とくに配当は今3月期も連続増配を明らかにしたことが買い物につながっている。上方修正は前期第3四半期の取り扱い物量が増加したのに加え、円安による外国為替差益や株式売却益があったことが要因となった。売り上げは、前回予想を33億4700万円下回ったが、経常利益は5億9000万円、純利益は7億2100万円それぞれ上回った。期末配当は、業績増額に伴い前回予想・前期実績の8円を10円に引き上げ、年間配当を18円(前々期実績15円)に増配する。また、今期配当も、中間期・通期とも10円とし年間20円に連続増配する。株価は、1月の上場来高値3700円から1000円を超える値幅調整先行となっており、PER20倍台から下げ過ぎ訂正が見込まれる。

記事中の会社を詳しく見る

近鉄エクス (9375)

ページトップ