きょうの動意株

イズミは連続最高業績評価に信用好需給オンし最高値肉薄

8273 イズミ 株価チャート

 イズミ(8273)は、160円高の4700円と急続伸し1月16日につけた上場来高値4720円に肉薄している。「まちづくり3法」改正に対応して近隣型ショッピングセンター(NSC)の新規出店を進めるなど今期業績が連続して過去最高を更新する好業績評価に加え、信用取組が株不足から逆日歩がつく好需給要因もサポートしている。同社の今2月期業績は、売り上げ4440億円(前期比1%増)、経常利益246億円(同8%増)、純利益126億5000万円(同9%増)と、前期に続く過去最高を予想している。中国・四国・九州地方を地盤とするスーパー大手として従来の大型ショッピングセンターに加え、今期下期に佐賀県にNSCの「ゆめタウン佐賀」を出店することなどが寄与する。NSCは、郊外型立地の規制強化に対応して住宅地近隣に出店される新業態店であり、同社は、昨年10月に丸久(8167・大2)と資本・業務提携して積極推進している。株価は、PERは22倍台と市場平均並みにとどまる。上値追いを刺激しよう。

記事中の会社を詳しく見る

イズミ (8273)

ページトップ