きょうの動意株

三益半は3Q業績高進捗と外資系強気観測を買い直し反発

8155 三益半導体工業 株価チャート

 三益半導体工業(8155)は、90円高の2590円と反発している。大型連休中の米国ダウ平均が最高値に迫る株高を続けたことを引き金に、4月7日に発表した同社の今5月期第3四半期(3Q)決算が、通期予想業績に対して高進ちょく率を示し上方修正期待が高く、外資系証券が新規に最上位株価格付けしたことなどが引き続き押し上げ効果を発揮している。同社の3Q経常利益は前年同期比7%増益、純利益も7%増益で着地し通期予想に対してそれぞれ82%の高進ちょく率となった。同社は、昨年12月には11月中間期業績を上方修正したが、通期業績は期初予想を据え置いおり、通期経常利益41億円(前期比5%増)、純利益23億円(同7%増)の中間期並みの増額期待につながる。株価は、信越化学工業の株式公開買い付け(買い付け価格2440円)で上場来高値2845円まで買い上げられ、終了とともにいったん調整し出直る強い動きとなっている。なお人気増幅が予想される。

記事中の会社を詳しく見る

三益半導体 (8155)

ページトップ