きょうの動意株

鈴丹は最高純益に並ぶ業績急回復を割安株買いし続伸

 鈴丹(8193)は、18円高の808円と続伸している。期中に下方修正した前2月期業績と異なり、今期は純利益が前期比2.4倍増益と8期ぶりに過去最高に並ぶ急回復を予想していることから割安株買いを誘っているもので、5月につけた昨年来高値880円が意識されている。同社の前期業績は、期初の天候不順やレディースの店舗数がスクラップアンド・ビルドで2店舗減少し255店舗となったのをメンズの厳冬特需などで補えず決算発表のたびに下ぶれ修正された。今期は新規出店20店舗、退店18店舗、改装30店舗や新業態転換などさらにショップブランド戦略を進め、商品単価も引き上げることなどで急回復を予想、純利益は6億1000万円(前期比2.4倍)と1999年2月期の過去最高6億1000万円に並ぶ。株価は、700円割れのダメ押しで減益決算を織り込み、前期の11期ぶり10円復配なども支援材料に上値を追っている。PER14倍台の一段の修正高が予想される。

ページトップ