きょうの動意株

オプトは中間業績上方修正をバネに続伸に弾み

2389 オプトホールディング 株価チャート

 オプト(2389・JQ)は、3万1000円高の58万9000円と続伸している。前週末の今12月期第1四半期(1Q)決算の開示に合わせて6月中間期予想業績の上方修正を発表、インターネット関連人気再燃を刺激している。同社の1Q業績は経常利益、純利益とも従来の中間期予想業績に対していずれも101%の高進ちょく率を達成した。2005年のインターネット広告が、2808億円と前期比50%強の伸びを記録し、広告代理店事業やeマーケティング支援システム、不動産新築物件情報やゴルフ雑誌発行のコンテンツ事業が好調に推移しているためで、中間期業績を上方修正した。売り上げは期初予想を5億円、経常利益は2億3000万円、純利益は1億4000万円上回り、純利益は3億1000万円(前年同期は13億9800万円の赤字)と黒字転換幅を拡大する。12月期通期業績は従来予想を据え置き純利益は6億2000万円(前期は12億4800万円の赤字)と黒字転換する。株価は、1月の電通との業務・資本提携(第3者増資価格53万5000円)をきっかけに86万5000円高値まで急騰し、ネット関連株全般安が響き下値調整となっている。第3者増資価格をスプリングボードに戻り相場に弾みをつけそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

オプトHD (2389)

ページトップ