きょうの動意株

東洋電機は新中期計画を買い手掛かりに続伸

6505 東洋電機製造 株価チャート

 東洋電機製造(6505)は、3円高の836円と小幅続伸し2月8日につけた昨年来高値897円を窺っている。30日に米国NYダウが急落したが、前日に発表した新中期経営計画が、3年後の最終年度に純利益を71%拡大させる強気数値目標を提示、好感され買い物を誘っている。同社は、2005年5月期を最終とする中期計画を推進、1年前倒しで達成されるとともに前期業績が上方修正される要因にもなった。新計画は、これをさらに拡大、3年後の数値目標は売り上げ450億円(2006年5月期見通し320億円)、経常利益44億円(同26億円)、純利益24億円(同14億円)を目指す。次世代高速鉄道などの交通事業、ICカード対応機器などのIT事業、自動車試験装置や電機自動車関連製品などの産業事業を重点分野に、国内シェアアップと海外比率の15%から20%へ拡大を図るもので、最終年度の創立30周年を一段の高収益・高効率企業として迎える。株価は、前期期中の3回にもわたる業績上方修正で水準を上げ、800円台固めの三角保ち合いに煮詰りをみせている。持ち前の逆行高習性を発揮しよう。

記事中の会社を詳しく見る

東洋電 (6505)

ページトップ