きょうの動意株

アルデプロは株式分割と3Q大幅増益が相乗し反発

8925 アルデプロ 株価チャート

 アルデプロ(8925・M)は、7000円高の15万7000円と3日ぶりに反発している。前日に2006年7月期第3四半期(3Q)決算と株式分割を発表、3Q業績が大幅増益・高進ちょく率となったことが分割権利取りの買い物を刺激している。株式分割は、7月31日割り当てで1株を5株に分割(効力発生日8月1日)し、投資しやすい環境を整え株式流動性の向上と投資家層の拡大を図る。一方、3Q業績は、前年同期比3.2倍増収、3.6倍経常増益、3.5倍純益増益で着地した。中古マンション再活事業で、法人向け投資用物件がとくに伸び、不動産販売事業でも法人向け投資用商業ビルなどの販売が好調に推移し業績高変化につながった。同社の今期通期予想業績は、昨年12月、今年2月に2回も上方修正されたが、3Q実績は直近修正値に対し経常利益で88%、純利益で86%の進ちょく率に達し、期末にかけ3回目の上方修正期待も高まる。株価は、2月のデフレ脱却人気の高値期日到来で大きく下押し5月30日に年初来安値14万7000円をつけており大幅な戻り余地も示唆している。

記事中の会社を詳しく見る

アルデプロ (8925)

ページトップ