きょうの動意株

塩野義はディフェンシブ株人気を信用好需給が刺激し高値窺う

4507 塩野義製薬 株価チャート

 塩野義製薬(4507)は、15円高の2090円と反発し前日ザラ場につけた昨年来高値2110円を窺っている。前日の米国株の大幅続落や週末にSQ(株価指数先物・オプションの6月物特別清算指数)算出を控え強弱感が対立するなかで、このところ関心を高めているメタボリックシンドローム関連のディフェンシブ株人気から逆行高しているもので、逆日歩がつく信用好需給もフォローしている。同社は、前期に高コレストール血症治療薬「クレストール」などを発売し、前期純利益はカプセル事業売却益も重なり227億3500万円(前々期比20%増)と連続過去最高更新となった。このクレストールは、海外販売拡大に伴う工業所有権収入にも結び付き特許庁から特許戦略優良企業として表彰されている。同薬は、今年5月にカナダから輸入販売した血液迅速測定装置と相乗しさらに続伸、中性脂肪が健康障害につながるメタボリックシンドロームへの関心が高まっているなかでさらに売り上げを拡大、業績の押し上げが予想される。今期純利益は、前期の事業売却益が一巡することもあり小幅減益を予想、このため信用取り組みは株不足、逆日歩のつく好需給となっている。一段高を支援しよう。

記事中の会社を詳しく見る

塩野義薬 (4507)

ページトップ