きょうの動意株

サカタインクスは3日続落も高水準業績に見直し余地

4633 サカタインクス 株価チャート

 サカタインクス(4633)の前場引け値は、4円安の620円と3日続落となったが、全般相場の急続落と比較して6月5日につけた昨年来高値652円近辺で堅調推移となった。インドにオフセットインキの新工場を完成させたインド関連人気が、インド株急落ではげて再び500円台下値を試す展開から出直っているもので、PERが12倍台と割安なことから下値の値ごろ株買いを誘っている。同社は、国内売り上げ比率は約63%となっているが、インドでは新工場を建設、インドネシアでは生産設備増強、米国ではM&Aを進めるなど海外戦略を積極化している。このうちアジア向けは前期売り上げが29%増、営業利益が92%増と伸び、原油価格高騰による原材料価格アップをカバーして業績が高水準をキープする要因となった。業績は、今期もほぼ前期並みで推移する。前期比5%増収、4%経常増益が予想され、純利益は31億円(前期比6%減)と連続小幅減益となるが、1株利益は49.5円を維持し年間配当は12円(前期実績10円)に増配予定にある。低PER株買いも一考の余地がある。

記事中の会社を詳しく見る

サカタイン (4633)

ページトップ