きょうの動意株

エステー化は公取委の冷蔵庫用脱臭剤警告を嫌い連日の安値

4951 エステー 株価チャート

 エステー化学(4951)は前場、51円安の1461円と7営業日続落し連日の年初来安値更新となった。前週末の9日に公正取引委員会が、同社に景品表示法上に違反するとして警告を行ったと発表したことが嫌気売りを誘っている。警告は、冷蔵庫用脱臭剤の有効期間について、一部の冷蔵庫では2-3カ月しか効果が持続しないのに5-6カ月と表示したことが景品表示法違反(優良誤認)に当たる恐れがあるとした。同商品は「脱臭炭」シリーズの冷蔵庫用で、年間売上額は約10億円で、同種商品では最大のシェアを持っている。同商品は、発売開始の2000年から今月まで「通常5-6カ月」と表示してきており、従来型の冷蔵庫ではほぼ表示通りの効果を持つ。ただ最近普及している急速冷蔵型では2-3カ月しか持たない場合もある。表示に「環境により異なる」とただし書きを付けていたが、公取委は不十分と判断し悪質性はないとして排除命令は見送った。なお同社は、6月11日付けの新聞各紙にお詫びとお知らせの社告を掲載した。株式市場は、このところ相次ぐ会計疑惑、談合事件などで企業のコンプライアンス(遵法)問題に神経質になっており、売り先行となっている。

記事中の会社を詳しく見る

エステー (4951)

ページトップ