きょうの動意株

アイケイコーポは連続最高益、初配当を見直し反発

3377 バイク王&カンパニー 株価チャート

 アイケイコーポレーション(3377・JQ)は、1万4000円高の58万5000円と3日ぶりに反発している。昨年11月末割り当ての株式分割落ち後安値から今年4月の今2月中間期決算発表まで約45万円高し、この上昇幅の3分の1押し水準を固めているが、今期経常利益の連続過去最高や初配当が見直され下値買いにつながっている。同社の今8月期業績は、今年1月に上方修正された通り売り上げ158億300万円(前期比30%増)、経常利益11億900万円(同48%増)、純利益6億700万円(同47%増)が予想されている。中古オートバイ専門業者として、2月までにロードサイド型店舗7店、戦略型小規模店舗4店舗を新規出店し48店舗となり、下期もなお6店出店の計画を進め、地代家賃、販管費などの営業効率の向上策も重なり大幅増益となる。同社は、1年前の昨年6月に公開価格42万円で新規上場、133万円高値まで急伸したあと1対4の株式分割を落としている。PERは分割負担で47倍台と割高となるが、今後も2009年8月期までに100店舗へ拡大する積極策を継続するだけに上値評価が期待される。

記事中の会社を詳しく見る

バイク王C (3377)

ページトップ