きょうの動意株

日東網は赤字転落の業績減額、減配に失望し反落

3524 日東製網 株価チャート

 日東製網(3524)は、19円安の219円と7営業日ぶりに反落し、6月9日につけた昨年来安値211円を覗いている。16日に2006年4月期連結予想業績と配当の下方修正を発表、赤字転落、減配を失望する売り物を浴びている。同社の前期売上高は、12月予想を10億円上回る140億円(前々期比34%増)に引き上げたが、経常利益は2億3000万円下回る1億7000万円(同45%減)、最終損益は4億3000万円下回る2億3000万円の赤字(前々期は1億6600万円の黒字)に下方修正した。売上高はほぼ当初予想通りだったが、利益は原油価格上昇などによる原材料価格上昇を製品・商品価格に転嫁できず、前期末の泰東製網からの営業譲受けによる統合効果が予想を下回り、運送費・人件費の上昇、一般貸倒引当金繰入額の繰入増が発生したことなどが響いた。純利益は、漁業関連事業者の売掛債権の一部が回収不能となり、個別貸倒引当金繰入額2億8800万円および貸倒損失7400万円の特別損失計上により赤字転落となった。配当は、期末予定の3円配当を見送り中間配当のみの2円(前期実績3円)に減配する。株価は、泰東製網統合以来6割高したが往って来いと下げ下値を試すことになる。

記事中の会社を詳しく見る

日東網 (3524)

ページトップ