きょうの動意株

リックスは小動きも連続最高純益・増配に割安訂正余地

7525 リックス 株価チャート

 リックス(7525・福)は、最少売買株数で前週末比変わらずの1000円と小動きが続いている。ただ、連続して過去最高純利益を更新する好業績、増配が見直される展開は有力で、PER9倍台の割安修正から今年3月につけた上場来高値1100円が意識されよう。同社は、産業機械・部品の専門商社で、鉄鋼業界向け土壌黒鉛、ホイルシール、自動車業界向け高速回転継手、NC高圧洗浄機、ゴム・タイヤ業界向け加硫機用部品、バルブなどが好調に推移し、主力生産品の高速回転継手の増産投資を進めたことなどが好業績につながっている。今期は、売り上げ316億円(前期比2%増)、経常利益16億円(同0.8%増)、純利益8億8000万円(同45%増)を予想、純利益は前期の減損損失一巡から大きく増益率を伸ばし過去最高を連続更新する。株価は、福証単独上場のハンデから品薄・値付き難が続くが、PERは9倍台、配当利回りは25円への連続増配で2.5%と割り負け顕著となっている。最高値抜けから一段の上値追いも期待十分だ。

記事中の会社を詳しく見る

リックス (7525)

ページトップ