きょうの動意株

エスイーエスは過去最高純益へのV字回復をテコに続伸

 エス・イー・エス(6290・JQ)は、4円高の616円と小幅続伸し6月22日につけた年初来高値675円を視野に捉えている。今3月期予想純利益が、大幅増益転換するばかりか一気に2期ぶりに過去最高を更新するV字回復となり、20円復配も加わり下値で低PER・高配当利回り買いが続いている。同社は、半導体製造装置の一角を形成する洗浄装置の大手メーカーで、前期は半導体メーカーの慎重な設備投資動向や一部装置の不具合対策コスト、先行研究開発負担などから純利益は15億9200万円の赤字となり、無配転落となった。半導体設備投資は、昨年夏に在庫調整が゛一巡して大型投資案件が動き始め、受注残が積み上がり引き合いも活発となっていることから今期業績は急回復を見込んでいる。売り上げ215億円(前期比54%増)、経常利益15億4000万円(前期は13億円の赤字)、純利益15億2000万円(同15億9200万円の赤字)を予想、配当も20円に復配する。株価は、400円台まで突っ込んでボックス下値を形成、業績急回復予想で上限抜けを狙うところまできている。PER8倍台、配当利回り3.2%の割り負け訂正から一段の上値取りに動こう。

ページトップ