きょうの動意株

ヤフーはジャパネット銀と正式に業務・資本提携し続伸

4689 ヤフー 株価チャート

 ヤフー(4689)は前場、900円高の6万300円と続伸した。前日にジャパンネット銀行、三井住友銀行の3社で3月30日の合意に基づいて業務・資本提携を締結したと発表、ネット上でオークションの売買から決済イまで一体的に可能となるとして改めて買い材料視された。業務提携は、Yahoo!オークションの落札者が出品者に商品代金を振り込む際、ジャパンネット銀行の口座間でYahoo! JAPAN IDを指定するだけ送金を可能とするもので、今年11月の開始を目標に準備を進める。資本提携は、ジャパンネット銀行がヤフー、三井住友銀行を引受先とした第三者割当増資を9月29日に実施する。普通株式の発行新株式数は17万6200株(発行価額総額132億1500万円)で、三井住友銀行が11万6000株、ヤフーが6万200株を引き受け、さらにヤフーは取得条項付無議決権株式28万3800株(発行総額212億8500万円)も引き受ける。ジャパンネット銀行の発行済株式の保有比率はヤフーが40%、三井住友銀行が40%、議決権比率は同じく10.4%、59.7%となる。株価は、基本合意時の3月に1対2の株式分割後安値からストップ高するなど前向き評価された。再度の底上げに動こう。

記事中の会社を詳しく見る

ヤフー (4689)

ページトップ