きょうの動意株

陽光都市は増益転換の中間業績増額を好感し急反発

8946 ASIAN STAR 株価チャート

 陽光都市開発(8946・JQ)は、1万9000円高の23万3000円と急反発し新興市場の値上がり率ランキングのトップ10入りをしている。前週末に2006年6月中間期業績の上方修正を発表、減益予想が増益にプラス転換したことが不動産流動化関連の割安株買いを再燃させている。同社の中間期業績は、売り上げが従来予想を9300万円、経常利益が3億1900万円、純利益が2億200万円それぞれ上回り、経常利益は11億100万円(前年同期比38%増)、純利益は6億4500万円(同37%増)と増益転換した。同社は、横浜市・川崎市を地盤に地域密着型で投資用マンションの開発事業を展開しているが、1棟売りで計画を上回る利益を計上し人員効率化により人件費上昇を抑制したことが増益転換につながった。通期業績は従来予想を変更せず、純利益は10億1000万円(前期比16%増)を据え置いた。株価は、株式分割権利落ち後の6月2日安値18万6000円からの出直り途上にあり、PERは14倍台、配当利回りも2.4%と割り負けが目立つ。戻り相場に弾みをつけよう。

記事中の会社を詳しく見る

エイシアン (8946)

ページトップ