きょうの動意株

ピープルスタは1Qの好業績評価し割安株買い高まり続伸

 ピープルスタッフ(2324・JQ)は、1万1000円高の27万2000円と続伸している。前日に発表した今3月期第1四半期(1Q)決算が買い手掛かりで、大幅増益・高進ちょく率となったことが割安株買いを再燃させている。同社の1Q業績は、前年同期比10%増収、28%経常増益、28%純益増益で着地した。自動車、デジタル家電を中心とした中部地区経済の好況を背景に人材派遣が計画通り推移し、高付加価値の専門事業分野の大幅成長と昨秋以来の値上げ交渉効果、広告費の一部第2四半期振り向けなどが重なり2ケタ増収益につながった。この1Q実績は、9月中間期予想に対して経常利益で71%、純利益で73%の高進ちょく率となったが、中間期・通期業績は従来予想を据え置いた。株価は、新興市場全体の波乱が波及し下値固め継続となっていたが、PERは17倍台と割安である。戻り相場に弾みをつけよう。

ページトップ