きょうの動意株

安川電機は中間業績の再上方修正を評価し続伸

6506 安川電機 株価チャート

 安川電機(6506)は、40円高の1312円と続伸している。27日に今3月期第1四半期(1Q)連結決算とともに9月中間期予想業績の再上方修正を発表、設備投資関連人気再燃となっている。同社の1Q業績は前年同期比25.6%増収、経常利益は2.7倍経常増益、27.7%純益増益と高変化した。モーションコントロール部門は、ACサーボが半導体・電子部品向けなどが好調だったほか、インバータも海外向けに伸びた。ロボット部門は、自動車関連が一時的な調整となったが、液晶ガラス搬送や半導体製造装置関連の需要が回復し、システムエンジニアリング部門も赤字が7億円縮小し2億円となった。足元業績の好調推移をベースに今9月中間期業績を上方修正した。売上高は7月3日の予想を80億円上回る1660億円(前年同期比13.6%増)、経常利益は30億円上回る125億円(同52.6%増)、純利益は6億500万円上回る75億円(同2.72倍)に引き上げた。株価は、7月3日の米半導体搬送ロボット販売子会社売却に伴う今期通期業績の1回目の上方修正で1358円の戻り高値をつけたばかりである。倍率が1倍を割る信用好取組も支援し戻り高値抜けから一段高が予想される。

記事中の会社を詳しく見る

安川電 (6506)

ページトップ