きょうの動意株

村田製は中間業績増額と米国株急反発が重なり3連騰

6981 村田製作所 株価チャート

 村田製作所(6981)は、180円高の7680円と3営業日続伸して始まっている。28日に今3月期第1四半期(1Q)決算と同時に発表した9月中間期予想業績の上方修正が、ハイテク株人気を高めており、前週末の米国株価が、NYダウで119ドル27セント高の1万1219ドル70セントと急反発したこともフォローしている。同社1Q業績は、前年同期比21.7%増収、49.3%税金等調整前純益減益、37%純益増益となった。主力の積層セラミックコンデンサでの大容量品がAV機器や通信機器、コンピュータなどの各用途で大幅に増加、高周波デバイスもブルートゥースモジュールが携帯電話向けに大幅に伸長し、米通信関連ベンチャーの買収に伴い発生した一時費用20億円を計上しても大幅増益となった。足元の業績好調を踏まえ今9月中間期業績を、売上高は4月時点の予想を50億円上回る2700億円(前年同期比17.9%増)、経常利益は50億円上回る545億円(同38.6%増)、純利益は20億円上回る330億円(同33.1%増)にそれぞれ上方修正した。株価は、5月の年初来高値8780円からの押し幅の半値戻しを達成しており、全般の業績相場鮮明化をリードすることになろう。

記事中の会社を詳しく見る

村田製 (6981)

ページトップ