きょうの動意株

東海カーボンは薄型炭素材料量産を手掛かりに上値追いの展開

5301 東海カーボン 株価チャート

 東海カーボン(5301)は、20円高の729円と3日続伸となっている。自動車などの燃料電池に使う炭素系セパレーターで、厚さが0.13ミリメートルと従来の半分以下の製品を開発したとの報道を手掛かりに買われている。年内にも茅ケ崎工場(神奈川県茅ケ崎市)で量産を始める。セパレーターを薄くすることで燃料電池をより小さくできる。薄型で主流の金属系製品に対抗し、2010年に年間120億円の売り上げを目指すとしている。7月31日に、中間期・通期業績予想の上方修正を発表していることに加え、信用売残226万株・買残335万5000株と取組倍率1.48倍の好取組になっていることから、株価は5月11日高値784円奪回が想定されよう。

記事中の会社を詳しく見る

東海カボン (5301)

ページトップ