きょうの動意株

サイトポートは中間業績増額を受け買い気配アップ

 サイトサポート・インスティテュート(2386・M)は、寄り付きから買い気配を切り上げ80円高の620円買い気配と変わらずを含め6営業日続伸し7月31日につけた年初来安値475円からの出直りを鮮明化している。売り買い差し引き約4万株の買い物を集めストップ高ペースである。前日に今3月期第1四半期(1Q)の決算開示に合わせて、9月中間期予想業績の上方修正を発表、バイオ関連株人気を刺激している。同社の1Q業績は、前年同期比33%増収と伸び、経常利益、純利益は黒字転換、従来の中間期予想を100%以上上回った。SMO(治験施設支援機関)事業が、製薬業界からの受注案件増加により拡大、早期症例獲得と100%症例達成率を目指すプロジェクト管理体制でコスト削減、価格競争力を強化したことが1Q好決算につながった。1Qの高進ちょく率を踏まえて9月中間期業績を上方修正、売り上げは期初予想を1500万円、経常利益は6500万円、純利益は2600万円それぞれ上回り、純利益は3000万円(前年同期は6900万円の赤字)と黒字転換幅を拡大する。株価は、前期業績が赤字転落したことから475円安値まで突っ込んだ。PERは割高だがPBRはまだ1倍ソコソコとなっており、1株純資産588円奪回で戻り相場に弾みがつこう。

ページトップ