きょうの動意株

翔泳社は子会社IPOによる純益増額見直し続伸

9478 SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ 株価チャート

 翔泳社(9478・JQ)は前場、3000円高の3万9000円と売買高を伴って続伸した。直接の買い手掛かりは、同社子会社のイージーユーズ(2495・札ア)が、明18日に札幌アンビシャスにIPO(新規株式公開)されることで、8月10日に発表した増益転換となる今9月中間期・3月通期純利益の上方修正が見直されている。イージーユーズは、インターネット利用の広告販売を主力業務としており、公開価格51万円、公開株式数1350株で新規上場されるが、翔泳社は24.59%を保有する筆頭株主の位置にある。このIPO時の公募新株式発行に伴う持ち分変動利益の計上により、同社は今期純利益を上方修正した。通期は期初の減益予想を1億900万円上回る4億6000万円(前期比7%増)に引き上げ増益転換、連続の過去最高更新を予想している。アンビシャス市場は、親子上場による二重資金調達は一部問題化しているが、今年10月2日付けで同社自身が会社分割による純粋持ち株会社化で「SEホールディングス・アンド・インキュベーション」と社名変更、インキュベーション(企業支援・育成)を積極的に推進することから、前向きに評価される展開も予想されている。

記事中の会社を詳しく見る

SEH&I (9478)

ページトップ